院長挨拶 PRESIDENT

大浜第一病院 病院長 大城 康一

大浜第一病院 病院長大城 康一

大浜第一病院は、亡き大浜方栄前理事長(元沖縄県医師会長、元参議院議員、元政務次官)により設立され、設立50周年節目の平成21年に現在の天久の地に新築移転致しました。

急性期病院として生まれ変わり、地域の皆様にこたえるべく、幅広く診療科を増やし、循環器内科、心臓血管外科、糖尿病センター、内視鏡外科、大腸・肛門外科、歯科・口腔外科、ペインクリニック、眼形成眼窩外科、女性腹腔鏡センターは、新築移転後に新たに設立いたしました。従来から県下で手術数の多い整形外科のほか、一般外科・形成外科・眼科・婦人科・透析科など含め、幅広い診療を行っております。

患者様に満足して頂けるようにアメニティーにも尽力し、患者様のプライバシーを守るべく入院部屋に関しては全て個室(ほとんどが無償個室)を提供し、また患者様の早期の退院・社会復帰を促進するために各病棟にリハビリ室を常設しております。リハビリに特化した回復期リハビリテーション病棟や素晴らしい眺望を楽しめる健診センターも併設しております。

私たちは、地域の中核病院として、急性期医療・24時間救急医療から慢性期医療まで幅広く診療を行い、患者様に信頼され満足して頂ける病院を目指し奮励努力する所存であります。

今後とも、ご指導、ご鞭撻とともに、ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。