基本方針APROACH

大浜第一病院の基本方針

  • 1

    救急告示病院として地域の急性期医療ニーズに積極的に対応し、診療科の充実と専門医をはじめとする医療スタッフ体制を整え、更に医療機器を整備し快適な療養環境のもと、患者様第一主義に基づいた急性期医療を実施する。

  • 2

    リハビリスタッフ体制の充実と総合リハビリテーション施設により、早期・急性期リハから回復期、維持期リハまでを実施する。

  • 3

    地域住民の健康の保持と増進のために健診・人間ドック事業活動、学校健診などに積極的に取り組む。また、当院での健康教室の開催ならびに地域の主催する健康教育などに講師を派遣して、地域の健康教育活動にも積極的に協力する。

  • 4

    透析医療体制の拡充を行い、地域の透析医療に積極的に対応する。

  • 5

    病診連携・病病連携に積極的に取り組み、地域診療所ならびに病院相互間の診療機能、保有設備の情報交換と利用促進を行い、地域医療の充実に努める。

  • 6

    長期療養施設、在宅支援施設との連携と在宅医療の実施を通して継続的な医療を提供する。

  • 7

    臨床研修施設としてより良い医療スタッフを育てるため、全職員が一致協力して充実した臨床研修を実施する。

  • 8

    院内の連携を強化し、明るく働きがいのある職場ならびに職員満足度の高い職場づくりを実現する。

  • 9

    おもと会グループにおいて急性期医療を担い、グループの基本理念である、医療・保健・福祉の総合一体化を実現する。

  • 10

    上記を実現し継続するため、健全で安定した病院経営を行う。