診療科紹介 SECTION INFORMATION

心臓血管センター

“Heart Team”―内科と外科のコラボレーションで最高のアウトカムを目指す

循環器内科>詳細はこちら

当院心臓血管センターは同時運用可能な心血管造影装置2台、緊急補助循環装置(IABP・PCPS)等を常備し、急性心筋梗塞や不整脈、血管疾患などの循環器救急疾患に対して24時間体制で診療を行っています。カテーテル治療のみならず心不全や心筋症など薬物治療の面でも、長期予後を見据えた質の高い医療を提供しています。

不整脈診療(カテーテルアブレーション)科>詳細はこちら

不整脈がもたらす不快な症状は生活の質をおとし、心房細動や心室性不整脈はときに生命を脅かします。しかし現在では多くの不整脈が根治できる時代になりました。当院でもカテーテルアブレーションを積極的に導入し成果を上げています。

心臓血管外科>詳細はこちら

当科は昭和大学横浜市北部病院(心臓血管外科)南淵 明宏教授の全面バックアップのもと、2013年4月に開設されました。心拍動下冠動脈バイパス術(off – pump CABG)や弁膜症に対する形成術・置換術、大動脈瘤に対する人工血管置換術などを行っています。さらに、皮膚小切開(約10cm)で行う低侵襲冠動脈バイパス術(MIDCABG)も積極的に導入しています。心大血管のみならず、閉塞性動脈硬化症や下肢静脈瘤、透析シャントトラブルにも広く対応します。

医師紹介

内視鏡センター>詳細はこちら

消化器疾患の早期発見・早期治療のために

消化器内科

消化器疾患の早期発見に内視鏡検査は不可欠です。さらに検査はもとより早期がんに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)などの特殊内視鏡も行っています。薬物治療の対象となる肝・胆・膵疾患に対しても、数年後の生活の質まで考慮した診療を心掛けています。手術適応のある場合は消化器外科との連携により最適な治療法を提供します。

医師紹介

呼吸器科>詳細はこちら

いのちに直結する呼吸器疾患をより良くコントロールする

気管支喘息や慢性気管支炎、肺気腫など呼吸器一般に対する診療を広く行っています。呼吸器のみならず多くの心血管疾患の引き金となる睡眠時無呼吸症候群の診断および外来治療も行っています。

医師紹介

神経内科>詳細はこちら

脳血管障害・神経疾患を中心に最善の治療を目指します。

三大疾患の一つである脳卒中(脳梗塞、脳出血)の急性期治療並びに、その原因検索に努めます。 脳神経外科、リハビリテーション科と連携し、患者様の機能回復を目指します。 また、その他の神経疾患、頭痛、物忘れ、手足の動かしにくさ、しびれなどありましたら、お気楽に相談して下さい。 一人一人の患者様にとって最善の治療を、一緒に相談して決めていきます。 新設されたばかりの診療科ですのでどうぞ宜しくお願いします。

医師紹介

糖尿病センター>詳細はこちら

きめ細かな管理と、急病時の迅速対応で地域に貢献

糖尿病・内分泌内科

糖尿病、肥満に代表される生活習慣病は沖縄県の将来に暗い影を落としています。当センターでは専門医・看護師・管理栄養士が一丸となり患者様のライフスタイルにあわせた治療を提供しています。甲状腺、下垂体、副腎など内分泌疾患も当センターの得意とする領域です。さらにケトアシドーシス、クリーゼなど迅速対応を要する病態にも積極的な入院受け入れを行っています。

医師紹介

透析センター>詳細はこちら

万全のサポート体制で安心の透析ライフ

腎臓内科

社会生活を維持しつつ長期間にわたって透析治療を継続するためには、心血管、脳、内分泌・代謝、消化器、感染症といった多くの疾患に対する備えが不可欠です。当院は総合病院の利点を生かし、各科が万全の体制で透析患者様をサポートしています。お仕事を続けながらの夜間透析、旅行透析にも柔軟に対応しています。

医師紹介

外科>詳細はこちら

体にやさしく確実な外科手術、早期離床で合併症予防

外科

消化器および呼吸器、乳腺疾患を主な対象として外科手術を行っています。高齢化にともない難易度の高い症例が増えてきましたが、確実な手術をモットーとしつつ、侵襲を可能な限り低減することも考慮した日常診療を行っています。術後は早期離床を徹底し、合併症の予防にも配慮しています。

医師紹介

大腸肛門外科>詳細はこちら

多様な疾患に対応可能。機能温存も両立。

肛門に関わる疾患の診療と治療を広く行っております。肛門という場所だけに相談できずに我慢して過ごしている方も多いと思います。いぼ痔(痔核)、きれ痔(裂肛)、あな痔(痔瘻)と呼ばれる痔疾患の他に、直腸脱、直腸瘤、便秘、便失禁などの疾患も診療しております。治療による根治性はもちろんのこと、安全性を重視した治療を行っております。
日常生活に関わる部位であるからこそ、十分に病状を説明し納得いただいた上で、患者様にとって生活スタイルや希望にあった最良の治療を決めていきます。

医師紹介

整形外科>詳細はこちら

専門に特化した診療体制と質の高いリハビリテーションで社会復帰をめざす

外傷による骨折等の一般診療はもとより、膝・股関節・脊椎・手の専門外来を常設し、関節の再建や置換、脊椎の形成などの手術を行っています。腰椎圧迫骨折に対するバルーン椎体形成術も県内でいち早く導入しました。患部の治療だけではなく社会復帰を大きな目標に据え、豊富なリハビリスタッフが入院と同時に介入することで質の高いリハビリテーションも行っています。

医師紹介

脳神経外科>詳細はこちら

一刻を争う脳血管疾患、機能温存までを視野にいれて

当科は主に脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血など脳卒中の急性期診療、頭部外傷に対する対応、さらに脳卒中回復期リハビリテーションにも取組んでいます。発症早期の脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA静注療法)も行なっており、神経機能の温存に力を入れています。患者様個々の病状や社会的背景まで考慮し、最良の脳神経外科治療、神経リハビリテーションの提供を心掛けています。

医師紹介

皮膚科>詳細はこちら

身近な悩み、皮膚トラブルに向き合う

発疹やかゆみだけでなく、ニキビ、皮膚の乾燥、フケが多い、毛が抜けるなど、様々な皮膚トラブルに対する診療を行なっています。また、皮膚の異常は全身疾患の一部として現れることもあり注意が必要です。つらい症状に外見的な悩みも伴う皮膚疾患に対して日々向き合っています。

医師紹介

形成外科>詳細はこちら

キズをなおすには正しい方法があります

創傷(キズ)は誤った処置を続けていると慢性化し、ますます治り難くなります。
とくに糖尿病や腎臓病、血管疾患をお持ちの場合は感染症を併発し大きな問題につながります。形成外科は創傷管理の中心的役割を担いながら、皮膚科、心臓血管センター、糖尿病センターなど各科と連携して集学的治療に取組んでいます。皮膚良性腫瘍やアテローマ(粉瘤)、陥入爪(巻き爪)の外来手術も行っています。

医師紹介

泌尿器科>詳細はこちら

誰もがかかえる泌尿器のトラブル、まずは相談から

中高年男性に必発の前立腺肥大症、女性に多い膀胱炎や尿失禁、さらには過活動膀胱など男女を問わず幅広い年齢層の泌尿器疾患に対応しています。排尿の悩みは一人で抱え込んでいる場合も少なくありません。患者様の悩みを共有し、最適な治療を提供することで生活の満足度を高めるよう努力しています。

医師紹介

女性腹腔鏡センター>詳細はこちら

すべての女性に、正確で繊細な負担の少ない治療を

当センターは沖縄初の婦人科腹腔鏡下手術に特化したセンターです。
“全ての女性に正確で繊細な負担の少ない治療を受けていただくこと”を第一に考えております。
子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症による骨盤内癒着やチョコレート嚢胞、卵巣腫瘍といった女性を悩ませる病気の治療は、これまで開腹手術が中心でしたが、当センターではこれらの治療をより負担の少ない腹腔鏡下手術にて行います。
最新の手術機器も導入し、全ての患者様に繊細で質の高い手術を提供致します。

医師紹介

眼科>詳細はこちら

毎日の安心・安全はより良い視力から

白内障、緑内障、角結膜疾患、糖尿病性網膜症などの外来診療から、白内障を中心とした手術治療まで行なっています。合併疾患のある方でも他科との連携により安心して治療に専念して頂けます。また、一般的な診療内容では対応できない方でも、琉球大学附属病院眼科のバックアップにより、最新最良の治療を提供しています。

医師紹介

眼形成眼窩外科>詳細はこちら

全国でも希少な専門診療科が沖縄に

眼形成眼窩外科は眼瞼、眼窩、顔面、頭蓋、涙道およびその周囲を専ら扱う専門科です。この領域は耳鼻咽喉科、脳神経外科、歯科口腔外科あるいは形成外科などとの境界領域ですが、この領域を専門とする施設は全国でも希少です。

医師紹介

救急センター>詳細はこちら

あらゆる疾患に門戸を開いた”ER型救急”を実践

救急科

当院では患者様や地域のニーズに柔軟に対応できる”ER型救急体制”をとっており、病院全体でこれを実践しています。
救急患者様はまず当科が初期診療を行い、その後、専門医との連携を通して質の高い診療を提供するよう心掛けています。内科・外科を問わず軽症から一刻を争う重症まで、多くの救急疾患に幅広く門戸を開いています。
さらに平時の診療のみならず、災害時にも社会貢献できるような体制作りも行っています。

医師紹介

リハビリテーション科>詳細はこちら

納得のいくリハビリで生活力向上と社会復帰を

疾患の治療と並行して行うリハビリは社会復帰を決定づける重要な要素です。当院は回復期専門病棟だけでなく、急性期各病棟にも専用ルームを配置し、豊富なスタッフが積極的かつきめ細かなリハビリを提供しています。急性期から回復期、そして在宅へと切れ目なくつながるリハビリは、患者様の生活力向上を全力でサポートします。

医師紹介

放射線科>詳細はこちら

高度な診断機器を駆使し、質の高い画像を提供

CT・MRI・血管造影装置などの画像診断機器を集約し、24時間の緊急検査を行っています。施行した検査は専門医がリアルタイムに画像診断を行うことでより詳細な評価を可能としています。心臓血管センターに隣接するため、冠動脈CTや心血管MRI、冠動脈造影などそれぞれの機器の利点を生かした質の高い循環器診療にも貢献しています。地域のクリニックの先生方からの検査依頼にも迅速に対応しています。

医師紹介

ペインクリニック>詳細はこちら

痛みからの解放、生活の質を高める治療

ペインクリニックとはペイン(痛み)を治療対象とする専門外来です。内服薬や神経ブロックを用いて各種の痛みを治療しています。頚・肩・腰の痛みや三叉神経痛、癌性疼痛、帯状疱疹といった「治らない痛み」や、顔面痙攣、多汗症などの「神経機能の異常」が主な対象です。ペインクリニックではこれらの症状を緩和することで、安眠が得られ、行動範囲が広がるなど「生活の質」を高めるよう努力しています。

医師紹介

麻酔科>詳細はこちら

術中の安全確保、そして術後の笑顔のために

手術が与えるストレスから患者様を守るのが麻酔の役割です。手術中は呼吸や血圧、心臓の動きなどをモニターしつつ、全身麻酔や硬膜外麻酔、伝達麻酔(神経ブロック)などを駆使して周術期の痛みを軽減し、さらにストレスに対する体の有害な反応を抑えることで安全な手術の遂行に寄与しています。

医師紹介

歯科・歯科口腔外科>詳細はこちら

総合病院の利点を生かした歯科診療

総合病院としての利点を生かし、併せ持つ重症疾患のために一般のクリニックでは対応できない方も積極的に受け入れ、治療にあたっています。さらに、気管内挿管を行う外科手術の前後には口腔管理を徹底して行い、合併症予防に寄与しています。抜歯やドライマウスに対する診療も常時行っています。

医師紹介