大浜第二病院

広々とした病室、卓越した眺望、緑に包まれた環境、充実したリハビリが奏でるハーモニー。
快適な療養生活を提供します。

ご相談対応窓口一覧
入院など:医療福祉課(ソーシャルワーカーが対応します)
訪問診療:外来
訪問リハ:訪問リハビリテーション科
まずはお電話にてお気軽にお問い合わせください。
TEL:098-851-0103(月~土8:30~18:00/日祝休)

大浜第二病院
大浜第二病院

病院詳細

TEL:098-851-0103(月~土8:30~18:00/日祝休)

大浜第二病院 基本理念

1.社会貢献

患者様、ご家族の安全、安心、納得、満足頂ける医療を提供する。

2.人材育成

医療人としての心・知識・技術を育み、日々研鑚を積む。

3.全人間的医療

人の尊厳と自己決定の原則に基づき、その人にふさわしい生き方を共に考える。

4.在宅支援

地域に根付いたリハビリテーション活動を展開し、患者様の自立支援と在宅医療を推進する。

先頭へ

大浜第二病院基本方針

1.療養病床としての役割や使命を十分認識し、地域社会のニーズに応える。

利用者の安心・納得・満足を基本に、安全かつ質の高い医療・看護・介護・リハビリ等を提供する。

2.医療人としてふさわしい心、知識、技術がバランスよく備わった人材の養成に努める。

接遇教育に力を入れると共に学会や研修に積極的に参加し、生涯学習に邁進する。

3.利用者・家族の権利を尊重し、十分な説明と同意に基づいて医療方針を決定する。

また避けて通れない終末を家族と共に考え、人間としてふさわしい尊厳あるターミナルケアを実践する。

4.地域リハビリテーション活動に積極的に取り組み、在宅医療を推進する。

家族介護の負担を軽減し、安心して在宅生活が過ごせるように支援体制を構築して行く。
また地域の医療・保健・福祉施設との連携を密にし効率的な医療資源の活用、役割の分担、相互補完に努める。

先頭へ

職業倫理

私達病院(施設)に働く者は、地域の人々の健康を守るために、
限りない愛情と責任をもって最善の努力を尽くさなければなりません。
この使命を達成するために、私達が守るべき行動の規範を次のとおりさだめます。

1.医療の質の向上

私達は医療の質の向上に努め、人格教養を高めることによって、全人的医療を目指します。

2.医療記録の適正管理

私達は医療記録を適正に管理し、原則として開示します。

3.権利擁護とプライバシーの保護

私達は病める人々の権利の擁護と、プライバシーの保護に努めます。

4.安全管理の徹底

私達は病院医療に関するあらゆる安全管理に、最大の努力を払います。

5.地域社会との連携の推進

私達は地域の人々によりよい医療を提供するために地域の人々とはもちろんのこと地域の医療機関との緊密な連携に努めます。

先頭へ

患者様(利用者)の権利

  1. あなたは、個人的な背景(宗教や国籍など)の違いや、病気の性質などにかかわらず、必要な医療をうけることができます。
  2. あなたは、医療の内容、その危険性および回復の可能性について、あなたが理解できる言葉で説明を受け、
    十分な納得と同意の上で適切な医療を選択し、受けることができます。
  3. あなたは、今受けている医療の内容について、ご自分の希望を申しでることができます。
  4. あなたの医療上の個人情報は、保護されます。
  5. あなたに研究の途上にある治療をおすすめする場合には、治療の内容や従来の治療方法との違いなどについて、
    前もって十分な説明をします。
先頭へ

当院における個人情報の保護に関する規則

1.方針

病院においては、あらゆる場面で患者に関する守秘の情報が発生し、蓄積されていく、これらの情報は最良で質の高い医療サービスを提供することを目指す、医療従事者にとっては、重要かつ必要な情報であるが、一方これらの情報は本来患者個人の権利に属する情報であり、個人情報として厚く保護することが求められる。
大浜第二病院においては、個人情報を保護する為の手順ならびに体制を構築されることが必要である。

2.基本理念

2-1.院内規則の目的

当院の全職員は、この「院内規則」および「個人情報の保護に関する法律」、「同施行令」、厚生労働省「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」にもとづき、患者さんとその関係者( 以下、「患者等」という) に関する個人情報を適切に取り扱い、患者等から信頼される医療機関であるよう、たゆまぬ努力を続けていくものとする。

2-2.他の院内規則等との関係

当院における患者の個人情報の取り扱いに際しては、この院内規則のほか、当院の「診療情報の提供に関する規定」も適用されるものとする。診療情報の提供について疑義がある場合には、前段に挙げた規定のほか、日本医師会「診療情報の提供に関する指針」ならびに厚生労働省「診療情報の提供等に関する指針」も参照するものとする。

2-3.守秘義務

すべての職員は、その職種の如何を問わず、当院の従業者として、職務上知り得た患者の個人情報を、正当な事由なく第三者に漏らしてはならない。当院を退職した後においても同様とする。すべての職員は、この義務を遵守することを書面によって誓約しなくてはならない

先頭へ

当院における個人情報の利用目的

当院は、個人情報を下記の目的に利用し、その取り扱いには細心の注意を払っています。
個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、窓口までお気軽にお申し出下さい。

医療提供

  • 当院での医療サービスの提供
  • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
  • 他の医療機関等からの照会への回答
  • 患者さんの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  • 検体検査業務の委託その他の業務委託
  • ご家族等への病状説明
  • その他、患者さんへの医療提供に関する利用

診療費請求のための事務

  • 当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
  • 審査支払機関へのレセプトの提出
  • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
  • 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
  • その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求の為の利用

当院の管理運営業務

  • 会計・経理
  • 医療事故等の報告
  • 当該患者さんの医療サービスの向上
  • 入退院等の病棟管理
  • その他、当院の管理運営業務に関する利用

その他

  • 企業等から委託を受けて行う健康診断等における、企業等へのその結果の通知
  • 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
  • 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  • 当院内において行われる医療実習への協力
  • 医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
  • 外部監査機関への情報提供

付記

  1. 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出下さい。
  2. お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  3. これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。
先頭へ

診療情報開示申請を希望される方へ

日本医師会診療情報提供に関するガイダンス検討委員会による「診療情報の適切な提供を実践するための指針」(平成11年4月)さらにその改定(平成14年10月)に基づき、大浜第二病院は診療情報開示を行っています。

情報開示申請の手続き方法

大浜第二病院では、診療情報開示申込受付を1階総合受付カウンターにて行なっております。 担当は大浜第二病院事務部となります。

1.診療情報開示を求めることが出来るかをご確認ください。

【診療情報開示を求めることが出来る方】

  1. 患者が成人で判断能力のある場合は、患者本人。
  2. 患者に法定代理人がある場合は、法定代理人。但し満15歳以上の未成年者については、
  3. 疾病内容によっては本人のみの請求を認めることが出来ます。
  4. 診療契約に関する代理権が付与されている任意後見人。
  5. 患者本人から代理権を与えられた親族。
  6. 患者が成人で判断能力に疑義がある場合は、現実に患者の世話をしている親族およびこれに準ずる縁故者。

2.該当者であれば、患者本人または親族、法定代理人を証明するものを、①~④までの いずれかをご準備ください。

  1. 運転免許証
  2. 印鑑証明
  3. 健康保険証
  4. パスポート
  5. 戸籍謄本(※親族であれば、下記のものをご準備ください。)
  6. 印鑑(※必ずご用意ください。)
  7. その他

3.診療情報開示が出来ない場合があります。下記の項目に該当する方に関しては、開示拒否となります。

  1. 対象となる診療情報の提供、診療記録等の開示が、第三者の利益を害する恐れがあるとき。
  2. 診療情報の提供、診療記録等の開示が患者本人の心身の状況を著しく損なう恐れがあるとき。
  3. 前二号のほか、診療情報の提供、診療記録等の開示を不適当とする相当な事由が存在するとき。

※当院にて情報開示が出来ないと判断され、納得できない場合には、沖縄県医師会又は沖縄県医療安全センターに苦情処理機関がありますので、そちらにお問合せください。

(沖縄県医師会TEL:098-888-0087)(沖縄県医療安全センター TEL:098-866-1260)

4.情報開示を行う場合に必要な費用

診療情報開示を行う場合に、必要な費用がございますので、ご確認ください。

内容 料金(税込み)

申込金

1件

324円

閲覧のみ

1件

540円

医師説明

1件

5,400円

謄写料金

1件

20円(サイズに関わらず)

CD-R謄写料金

1件

1,080円

※但し、レントゲンフィルム貸出に関しては、申込金・その他費用の支払いはございません。

5.申込から回答までの期間

出来るだけ早めに処理を行う予定ですが、申込を行って開示回答が出るまでに準備等合わせまして、若干お時間を要する場合もございます。ご了承ください。

6.診療情報開示に際して、医師の説明を希望される場合は、事前にお申込ください。

7.閲覧においては、立会人を同席させていただきます。尚、同席人は、一切説明は致しません。

その他に、何か疑問・質問があれば、お問合せ下さい。

先頭へ

指定医療一覧

届出等の状況

医科

基本診療料の施設基準
回復期リハビリテーション病棟入院料1
回復期リハビリテーション充実加算
回復期リハビリテーション体制強化加算
入院時食事療養(I)
入院時生活療養費(I)
診療記録管理体制加算2
療養病棟入院基本料1
特殊疾患病棟入院料1
療養病棟療養環境加算
感染防止対策加算2
認知症ケア加算2
特掲診療料の施設基準
脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
運動器リハビリテーション料(I)
集団コミュニケーション療法料
廃用症候群リハビリテーション料(I)
指定医療一覧
結核予防法指定医療機関
生活保護法指定医療機関
難病医療協力病院
被爆者一般疾病医療機関
財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価認定(平成27年1月)
在宅
訪問リハビリテーション
居宅療養管理指導等
先頭へ
先頭へ
先頭へ